バーベル日記
地元フットサルチーム「バーベル」のことを中心に書いてくぞコノヤロー!
プロフィール

おけん

  • Author:おけん
  • 2007得点ランキング
    1 トシミツ 8点
    2 雲根 7点
    3 ヒサシ 5点
    4 ジュン 4点
    5 マサシ 2点



●参加中●

ブログランキング・にほんブログ村へ



最近の記事+コメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



カレンダー

02 | 2008/04 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



RSSフィード



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近のトラックバック



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日1回ポチッとクリックしてちょんまげ→→ ブログランキング・にほんブログ村へ
第10回びわ湖フットサル大会
2008年4月6日(日) in長浜ドーム バーベル始動!

びわ湖フットサル大会に出場してきました。

毎年恒例のこの大会。

予選を勝ち上がると、GWの本戦に臨める。

昨年は2勝1分けながらも得失点差で予選敗退。

無失点なのに敗退した。

今年こそはなんとしても本戦に進むぞ!

メンバーは以下の通り↓

タケリ・ヒサシ・シンディ・マサシ・雲根・ダイディ・俺

第1試合 vs ゲージロック

初戦はいつも通りの不安定な立ち上がり。

・・・の割りに得点は取れていたので、これといって苦戦はせず。

個人的に点差に余裕があると集中力が落ちてしまい、凡ミスしてまう傾向があるので気をつけたいなぁと思った。

皆はポジショニング悪い、攻守の切り替え遅い、点が気になったが次戦では修正☆

結果 7-3 ○ 雲根2 ダイディ2 ヒサシ2 マサシ1

第2試合 vs FC LEBERTA

ゲージロック戦の後に僕は、3試合目に当たる「平久留ペペロン」の助っ人キーパーとして参加し、皆よりも先に「FC LEBERTA」と対戦。

ある程度研究は出来た。

つーか結構強い(;´Д`)

けど、初戦と違い立ち上がりは良好。

ポジショニングもまずまず、プレスも効いていたし、カバーリングも上手くいってた。

再三ピンチもあったけど、僕も絶好調だったのでなんとか前半は2-2で折り返す。

後半は完全にウチペースで、2点を追加し、4-2でFC LEBERTAを破った!

この試合を終え、バーベルは3試合目を引き分け以上で本戦出場の切符を手にすることが出来る。

結果 4-2 ○ 雲根2 ヒサシ1 タケリ1

第3試合 vs 平久留ペペロン

チーム名は違うが、実は昨年まで同じ体育館で互いを高めあった「平々龍」。

平均年齢が若く、テクニック、スピードがある。

練習試合は何度もしてるけど、公式戦では1試合のみ対戦がある。

そのときは3-2でバーベルが勝ったが辛勝であり、過去の練習試合でも五分の相手である。

試合は前半からペペロンのワンサイドゲーム。

ウチはハーフウェイを数回しか超えられなかった。

ペペロンの前線からのチェックの厳しさに全くボールが運べず、苦戦を強いられた。

ディフェンスで体力を奪われ、後半は攻守の切り替えが遅くなり、結果、それが原因で湖北リーグ元年得点王の木下君にゴールを奪われる。。。

幾度かチャンスはあったが、残念ながらタイムアップ。

またしても本戦へは進めなかった。。。

結果 0-1 ×


第10回びわ湖フットサル大会 長浜予選結果

2勝1敗 勝ち点6 得点11 失点6 予選第2位敗退
 


総括

攻撃に関しては、やはり雲根の得点力は大きい。

「雲根を生かす為にもっとサポートが必要」という意見があった。

同意である。

けど、頼りすぎも危険である。

出来ればもっとポゼッションを上げたい。

運動量が必要になるが、二列目からの攻撃参加やミドルシュートなどオプションを増やすのも手である。

守備面に関しては、やはり攻守の切り替えをもっと早くしたい。

それと、タケリの上がった時のケアも怠ってはいけない。

けど、今回は前線から結構良い感じだったのであまり言う事無し。

トータル的にはトシミツとジュンの脱退は攻守にかなりの痛手であり、今まで通りではイカンなと思った。

採点

タケリ  6.0 FC LEBERTA戦でのゴールではチームに勢いをもたらすも、トータルでは並。

シンディ 6.5 出場時間は少なかったけど、雲根の相棒1番手はシンディ。

マサシ 6.0 コチラも出場時間少ないが1得点。守備面で課題。

ヒサシ 6.5 相変わらずのパフォーマンス。出来ればずっと前線に置いてたい。

雲根  6.5 さすがの4得点も、守備面に課題。

ダイディ 7.0 ブランクあるも攻守に活躍。絶妙のパスカットは芸術。

俺   6.0 目立つシーンもあったが、初戦が酷かった分トータルでは並。ゴールクリアランスに課題。

で、予選は敗退したけど一応今回のMVPはダイディちゃうかな。

ブランクのせいもあり、体力低下は否めないが、攻撃でも2得点。守備でもかなり貢献度高かったように思う。パスカットや、足を出すタイミングが絶妙。ペペロン戦の失点の際木下君に振り切られるも、あの失点はそれ以前の問題だと思うので選出。

2008年度得点ランキングを掲載します。

雲根   4 
ヒサシ  3 
ダイディ 2 
タケリ  1
マサシ  1
1日1回ポチッとクリックしてちょんまげ→→ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
お先真っ暗
日本代表がバーレーンに敗れ、岡田監督は上手く言い訳をして逃れてはいたが、どう見てもこのままでは危ない。

危ないっていうのは、別にワールドカップ(以降WC)に行けるとか行けないって話では無い。

恐らく岡田監督のやり方次第では、きっちりチームをまとめ上げ結果を出せるかもしれない。

ただ、何故ジーコの後任がオシムになったのか?それは先の日本サッカーを見据え、日本のスタイルの確立を目指したからであって、「勝つ」チームを作る為に就任した訳ではない。

もちろん、日本スタイルを確立して勝てなければ意味は無いが、それでも日本代表はオシムの元に一年半、良い土台作りが出来たと僕は思う。

岡田監督のスタイルは今までの経歴から予測すると、完全に「勝つ」チーム作りであり、仮に南アフリカで結果が出ようとも、お先は真っ暗である。

それはコンサドーレ札幌や、横浜Fマリノスにも当てはまることで、マリノスの関係者は岡田監督降任後こんなコメントを残している。

「岡田さんはタイトルこそ取ってくれたが、若手を起用しなかったことで、育成、発掘に関しては全く触れず終い、残ったのはベテランと経験不足の若手ばかりです」

コメントは完璧に引用出来なかったが内容はこんな感じ。

確かにこの関係者の言っていることは分かる、岡田監督は限らたメンバーでのチーム構成に関して言えば日本人監督の中でもずば抜けている。

しかしながら、ユース代表は「人もボールも動くサッカー」を実現しようと日々取り組んでいる、高校サッカーやJリーグも確実にスタイルが変わりつつあるのは確かだ。

この現状からすると、今岡田監督がやろうとしていることは、結局コンサドーレやマリノス時代と変わらず、お先真っ暗な気がしてならない。

取り敢えず現代表が上手く行けば良いと思っているのであれば、早い内に手を打たないといけないのではないか?

そもそもバーレーン相手にガチンコで当たって敗戦、急な3バックには「自由にやってくれ」と言ってるような監督ではどう足掻いても支持出来ないが・・・。



1日1回ポチッとクリックしてちょんまげ→→ ブログランキング・にほんブログ村へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。